イボ撃退方法

レーザーで簡単に除去

 

イボにも色々な種類がありますが、治療方法は基本的にどれでも一緒です。

 

一般的には液体窒素を用いることが多いのですが、実は形状によっても適していないことがあるのです。
そんな場合に利用されているのがレザーでの治療方法です。

 

レーザーはイボをまるごとくりぬくことができ、照射するレーザーの種類を変えると様々なイボにも対応できます。皮膚への負担が少なく傷跡やシミになる可能性も少ないため、顔など後々治療跡が気になるようならレーザーを選択しても良いでしょう。

 

レーザーは麻酔が利用できるため痛みも少なく、出血もあまりしません。
メリットは傷跡が残りにくいことですが、価格は病院によって多少差があるのが実情です。
信頼できる病院で価格に納得してから利用すると良いでしょう。"

リーズナブルに液体窒素

液体窒素によるイボ治療は昔から行われてきました。

 

最もポピュラーで小さなイボや初期のものならこの方法が一番適しているといえます。
液体窒素はマイナス196度の液体を綿棒などに付け、イボを直接壊死させます。患部は低温火傷のような状態になり、次第にかさぶたになり剥がれると治癒します。ただし一度では深い部分のウイルスを除去できない場合もあるため、何度か治療する方法も取られます。

 

液体窒素は皮膚の薄い部分のみを焼き切る方法で、深く根を張ったイボは治りにくいのです。
値段が一番安く、初期なら直ぐに処置できる面がメリットでしょう。

 

頑固なイボになる前に治療を受ければ、早ければ1回で完治することもあります。多少痛みを伴うため治療回数は少ないほうが適しています。

原始的はさみでチョキン

 

イボは本人の免疫力によっても自然治癒することがあるのですが、気になるようならハサミで切る方法が最も原始的で簡単な方法です。このやり方は傷跡が残りにくく、痛みもあまり感じないためイボの形状によっては利用すると良いでしょう。

 

ハサミで切る方法はウイルス性のものよりも、皮膚の加齢により発生する老人性のイボでよく使われています。首や顔にシミのようなものが発生し突起したものが気になる場合は、もしかしたら年齢的なものかもしれません。

 

ウイルスの影響を受けていなければ、突起した部分のみ取り除けば良いのです。
ハサミで切るかどうかはイボの種類や形状によっても異なります。医師が必要だと判断すれば液体窒素やレーザーの治療方法となるため、自己判断で勝手に処置しないようにしましょう。

注射でピンポイント治療

 

 

長年イボの治療には液体窒素で直接イボを取り除く方法が取られてきましたが、最近では注射を使い直接ウイルスを殺す薬剤を投与する方法が登場しています。

 

複数のイボを短期間で処置したい方、長年治療を続けたがウイルスを根治させることができなかった方に最適です。
治療方法はブレオマイシンという薬剤を局所注射します。治療を開始して数日位すると、イボが水ぶくれになり血豆ができます。次第にかさぶたになり剥がれ落ちれば完治したことになります。

 

血豆ができる際には多少痛みを伴うため、症状が強いなら溜まった液体を抜き和らげることが可能です。
治療が完了するまで2週間〜3週間くらいかかりますが、一度に多くのイボが除去できるのがメリットです。

内服薬の免疫で撃退!

 

イボを治療する内服薬では、漢方薬のヨクイニンが良く利用されます。

 

ハトムギという植物に含まれる成分で、アジア地方に広く分布するため日本人にも馴染みがあるでしょう。殻をむいて中身のみを使用したのがヨクイニンです。
この飲み薬はビタミンやミネラルなど栄養価が高く、免疫力を高めるとし治療に用いています。
服用するとイボだけでなく肌荒れにも効果が現れます。飲むだけでイボを除去するというよりは、体の中の免疫力を高め自然治癒させる方法です。ウイルス性のイボや加齢によるイボにも効果が期待できます。

 

ただし少しずつ治癒させる方法のため完治までは多少時間がかかります。その代わり液体窒素の痛みも感じなくて済み、イボをできにくくする働きもあるため予防対策にも繋がります。

 

また、病院から処方される内服薬もあるので、病院行った際にはお医者様に相談してみましょう。

ヨクイニンでじわじわ撃退!

漢方薬で知られるハトムギでの治療方法は、内服したり外用するなど色々な使い方があります。

 

様々な方法を兼用すると免疫力を高めイボが治癒しやすくなります。
例えばハトムギ石鹸や美容液、クリームなど外側から働かせる方法があります。ハトムギと保湿成分などが配合された美容商品を使うと、少しずつ除去させる効果が期待できます。ハトムギで皮膚を柔軟にしたり代謝を高めるわけです。

 

植物成分ですから皮膚に塗っても刺激を感じにくく、多くの方が利用することができます。液体窒素の痛みを避けたい方、イボが小さく予防の意味をかねて使いたい方、病院に行く暇が無い方などに良いでしょう。

 

効果については多少個人差がありますが、じわじわと効き美肌にも導き副作用が無いのがメリットでしょう。

 

糸状疣贅ケア化粧品ランキングはコチラ>>