自宅でのイボ除去方法

自宅で除去していいイボ、ダメなイボ

イボができたら自分で処置して良いのか、病院で治療したほうが良いかは知っておきましょう。

 

イボの中で自分で触らないほうが良いのはウイルス感染によるタイプです。
自然治癒する場合もあるのですが、場合によっては他の場所に移ったり、他人に感染させてしまう可能性もあるため注意が必要です。イボにはウイルスが潜みこれを取り除かなければ完治はしません。
感染が考えられるウイルス性のイボでは自分で削るとまわりに移ります。特にウイルスは皮膚の傷などの箇所から入り込むため、削り取る方法はおすすめできません。イボが大きくなったり、数が増えて治りにくくします。

 

自分で対処できるのは年齢と共にできた皮膚の老化によるイボで、ウイルスを伴わないもののみです。

はさみで切り取る

自宅にてイボをハサミで切り取るという方法があります。
これは皮膚科でも一般的な治療として採用しており、ごく小さいものなら取り除くことができます。

 

ハサミで切り取る方法のメリットは1度で除去しやすい点です。痛みはそれ程感じませんし、出血もありません。気になるイボを切るだけのため医療の知識が無い人でも利用できるでしょう。

 

ただし注意点が幾つかあります。
大きなイボはハサミで切る方法は適しておらず、その場合は病院で液体窒素やレーザーを使って取り除いてもらいましょう。
またウイルス性のイボか判断に迷う場合も自己処理は避けるべきです。

 

年齢によりできる皮膚の老化の一種であるイボなら、小さいものに限り自分で切り取ることは可能です。

ヨクイニンでイボ取り

ヨクイニンは飲んでも塗ってもイボに効果があるとし、民間療法として利用できます。

 

なおヨクイニンという漢方薬は皮膚科でもイボの治療に処方するため、ある程度の効果が得られるものなのです。人によってはイボが取れるまで時間がかかったり、大きなものは処置しなければ取れないことはありますが、それでも徐々に効果を持たせる方法として試してみる価値はあります。
ヨクイニンにはビタミン・ミネラル・たんぱく質が豊富なため老廃物の排泄や皮膚を柔軟にする効果が期待できます。
血流を改善しながら少しずつ体質を変える方法として適しているのです。

 

ウイルス性のイボ、年齢と共に発生する皮膚の老化のひとつであるイボにも有効だとされています。
薬局などで手に入れ自宅で飲んでも良いでしょう。

内服でイボをインナーケア

イボがなかなか直りにくい、再発しやすい方は内服薬で免疫力を高め治癒しやすくすると良いでしょう。

 

特に足の裏や指などは治りにくい傾向があるため、皮膚科の治療を受ける前に体の中から対策するのもおすすめです。
ヨクイニンは皮膚科でも処方することがある漢方薬です。子どもで液体窒素での治療が利用できない場合に使ったり、治りにくいイボに他の治療方法と兼用されます。ヨクイニンはハトムギの種子で服用すると肌荒れやイボに効果があります。

 

ヨクイニンは皮膚科以外にも薬局で手に入れる方法があります。そのほかヨクイニン配合の医薬品も薬局では売られていますから、体の内側から体質を変えてイボケアに使ってみましょう。

 

長く服用すれば市販薬でもイボが取れやすくなったり、再発を防ぐことができます。"

イボにナスが効く!?

イボの民間療法でナスのヘタの部分を使う方法があります。
必ずしも効くとはいえませんが、イボが治ったという人もいるため試してみるのも良いかもしれません。

 

このナスでの治療方法は植物の成分で効くというよりは、皮膚をかぶれさせ白血球の力を借りてウイルスも除去する方法です。
一種の免疫力を利用した方法のため100%治るとはいい切れないのですが、子どもなど人によっては効果が見られることもあります。

 

やり方はとても簡単です。
ナスのヘタの部分をカットし、それをイボが気になる箇所に擦りつけます。
バンドエイドなどでそのままヘタを付けている人もいるようです。

 

ナスは料理で余ったヘタを使えば良く、無駄が無い方法のためダメ元という気持ちで試してみるのもおすすめです。

自宅での処理のアフターケアについて

イボはできやすい体質によっては再発しやすいことがあります。

 

ウイルス性のイボなら免疫力が低下した際に再発したり、加齢によるイボでも体質によりまた出てきます。
一度イボができた方は自宅でできるケアを長期間続けてみることをおすすめします。

 

例えば漢方薬のヨクイニンを飲む方法や、ハトムギ茶を愛用し予防に努めるなどです。
ヨクイニンはハトムギに含まれる成分で、美肌に導いたり免疫力を高める効果が期待できます。植物から作られたもののため副作用は無く、予防として長期間飲んでも問題ありません。自宅でのイボ対策として毎日活用しやすいのは、お茶タイプかもしれませんね。

 

また、ヨクイニンを配合する美容クリームを使いながら予防するのも良いでしょう。
イボ対策のスキンケアは大きくなったイボを除去するよりも、初期で小さいものの対策に向いているのです。イボが取れた後も使い続ければ新たにできる数が少なくなり、よりお手入れも楽になります。

 

糸状疣贅ケア化粧品ランキングはコチラ>>