イポケアEX

1滴ずつピンポイントのイボケア

ヨクイニンを配合したスポイトタイプのイボ対策美容液です。

 

顔、首、肩、胸などに利用しやすく、イボが気になる箇所に直接少量のみ塗布できます。
少量ずつ塗れるためコストパフォーマンスに優れ、ピンポイントのケアにおすすめします。

 

 

1回の使用量は個人差にもよりますが1滴〜2滴程度です。
スポイトから直接イボに美容液をたらすと良いでしょう。塗布は入浴後など皮膚が柔らかくなった後が最適です。
沁みたり刺激を感じることは無く、体の気になる箇所ならどこでも使用することが可能です。

 

全体量は18mlで持ち運びもしやすい大きさです。毎日気になる箇所に使用しながら、イボケアとして利用しましょう。
年齢を重ねて気になる箇所もこれがあれば自宅で簡単にお手入れができます。

 

イポケアEXの詳細はこちら⇒

フランス大手機関開発の特殊成分

フランス最大大手機関の研究によって生まれた特殊成分が配合されています。
イボに良いとされるヨクイニンのほかハマメリス花水・パチルス発酵物・ウワウルシ葉エキスなどが入っています。

 

ヨクイニンは肌を滑らかに整える働きが期待でき、ハトムギの種皮を取り除いた種子の部分を使って抽出したものです。
イボ治療の漢方薬としても広く使う成分で美容液に含めることで皮膚から吸収させます。また皮膚の透明度をアップさせる美容成分や、エイジングケアにも役立つ植物性の保湿成分などで構成されています。

 

イボに直接ピンポイントに使用するのが一番ですが、お手持ちの美容製品と合わせて使っても良いでしょう。
より保湿度もアップし肌を滑らかにする効果が期待できます。

イポケアEXを使った方の感想

液体タイプが使いやすくていい感じ

 

今まではクリームタイプしか使ったことがありませんでした。初めて美容液タイプを見つけ買ってみました。
現在使用して1週間ほどたち様子を見ています。薬みたいに皮膚がふやけて取れやすくなるという感じではなさそうです。お値段も安かったり、美容液としては効果がありそうなのでもう少し様子をみます。特に肌に刺激を感じたり、塗りにくいことはありません。スポイトなのでポタポタと垂らすだけで良いみたいです。クリームタイプと比べるとベタベタしにくく、手が汚れなくて良いのはいいかも。
ヨクイニンが入っているクリームにするかは個人差があるのでは。どちらも似たような商品だと思うので、私は塗りやすさを重視して選ぶようにしてます。

 

40代 ジュリエットさん

腕のブツブツに使っています

 

イボ向けみたいなのですが、私の場合は二の腕に塗っています。サラッとして伸びも良く付けた後の感触がとてもいいです。
しばらく二の腕に塗り続けていたらブツブツしたものが少なくなってきたみたい。この方法は正しい使い方かはわかりませんが、腕にザラザラしたものが気になっている方にもおすすめできます。腕のざらつきはなぜできるかは知らないのですが、イボみたいに皮膚の代謝が悪くなっているのかなと思います。もしかしたら美容成分で肌の乾燥が改善され、滑らかになっているのかもしれませんね。
今のところ調子が良いためもう少し期待して続けてみたいです。ニオイはとくに無く液体状なのが使いやすくて続けやすいですね。速攻性はないため少しずつ使います。

 

20代 りんごさん

コットンパックがおすすめ

 

1本使い切ったところです。まだイボは完全になくなってきてはいないのですが、小さくなってきたようでリピートしました。2本目を使い切るころには無くなってくれると嬉しいですね。
そのまま美容液を塗っても良いのでしょうが、私の場合はコットンに含ませてしばらく馴染ませています。そのため少し無くなるのが早いのかもしれません。普通にイボのみに直接付けていたら、1本使いきる頃には何らかの効果が出ていたようにも思います。でもしっかりと馴染ませた方が何かいいですよ。イボが大きくて気になる箇所などには試してみてください。
使い続ける内にだんだんと皮膚が柔らかくなりました。1本のみでは確実に取れませんでしたが、私の場合手ごたえがあったためもう1本買いました。

 

40代 リピートさん

 

イポケアEXの詳細はこちら⇒

 

糸状疣贅ケア化粧品ランキングはコチラ>>